*無料 アクセス解析
*太陽光発電

現在地:トップページ旅の記録室日本郵政グループめぐり郵便局編>マイルール

2012年10月1日の郵便事業株式会社と郵便局株式会社統合に伴い、ルールを変更しました。

郵便局めぐりをするにあたって、私のやり方・ルールを書いておきます。みなさんはそれぞれのやり方・ルールでやっていただければ結構です。

■共通
よほどのことがない限り自分で訪問します。
訪問対象の郵便局(郵便局分室および簡易郵便局を含みます。断りない限り以下同じです。)は日本国内にある全ての郵便局とします。
郵便局のカウント対象とする訪問は1局につき一度限りとします。但し、下に書いてある項目に該当するときは、書いてあるとおりに取り扱います。。
郵便局名の改称(分室及び出張所については分室名(出張所名)と本局名の両方若しくは片方が改称された場合を含みます。)が行われたときは、改称後の郵便局についてもカウントします。但し、「よみ」のみ改称するケース、改称前の名称に戻り、その局が訪問済みのケースを除きます。
局番号の変更があったときは変更後の郵便局についてもカウントします。尚、都道府県を跨ぐ移転を伴うかどうかは問いません。
新規に開局したが、過去に局名且つ局番号が同じ郵便局が存在し、その郵便局を訪問済みの場合は新規に開局した郵便局についてはカウントしません。
窓口がないとされる郵便局はカウントいたしません。(例:新岩槻郵便局、東京北部郵便局、静岡郵便局、山口郵便局)
訪問の際、各種手続きは原則として窓口にて行います。
何事も丁重にお願いします。但し、間違った取扱をされた際は他のみなさまに類が及ばぬように毅然とした態度を取ります。

■窓口で貯金業務を取り扱う郵便局では 
貯金窓口での預入金額は、以下の通りとします。
24時間制の"時"×10円。尚、”時”については受付番号札発券機若しくは受付番号札があるところは、番号札を引いた時間。それ以外は窓口に出した時間により、変えます。
複数の局名入りゴム印がある場合は基本的に全て押していただく。この時の預入方法は原則最初の一行は前項の通り預入し、残りの行は10円とします。
その他事情により臨時に預入金額を変更することがあります。
何らかの事情で窓口で預入が出来ずに店内ATM(ゆうちょ銀行管轄の店内ATM。以下同じ。)で預入する場合は、以下の条件を全て満たす場合に限ります。
窓口預入時に表示される局番号と店内ATM預入時に表示される局番号が同一であること。
店内ATMにて預入後、直ちに窓口へ行って局名ゴム印を押してもらいます。
預入金額は、貯金窓口での預入金額に準じます。
郵便窓口またはゆうゆう窓口で、風景印が配備されている場合は風景印を、配備されていない場合は丸型和文印を台紙に押してもらいます。台紙に押してもらえない場合は引受消印で対応します。尚、年活字に下線はあってもなくてもよいことにします。
■窓口で貯金業務を取り扱わない郵便局では
郵便窓口またはゆうゆう窓口で、風景印が配備されている場合は風景印を、配備されていない場合は丸型和文印を台紙に押してもらいます。台紙に押してもらえない場合は引受消印で対応します。尚、年活字に下線はあってもなくてもよいことにします。

※ゆうちょ銀行を併設する郵便局は「窓口で貯金業務を取り扱わない郵便局」となります。

※このルールは2012年10月1日より適用します。