*無料 アクセス解析
*太陽光発電

現在地:トップページ郵便局めぐり>郵便局めぐりについて

※一応郵政民営化に対応したものとしましたが、説明が不十分な場合がありますのでご了承願います。

きっかけ やり方 訪局管理 その他

1.私が郵便局めぐりを始めたきっかけ

元毎日新聞記者である種村直樹さんの著書の中で旅行貯金について取り上げたものがありました。内容は旅先の郵便局(簡易郵便局を含む、以下同じ)でいくらか貯金した後、そこの郵便局名入りゴム印と主務者印を押してもらうというものです。(主務者印は現在押してもらえません)旅行のついでというわけではありませんが、これは面白いと思った私は早速郵便局めぐりを始めることにしました。
その後、この趣味にはまってしまい、休みの大半を郵便局めぐりに費やすこととなってしまいました。

2.やり方

郵便局めぐりのやり方にはさまざまなものがあります。私なりに代表的だと思われるやりかたを以下に書きます。

A.貯金
ここでは「行くさきざきの郵便局(簡易郵便局を含む、以下同じ)で通常郵便貯金通帳に貯金して、ハンコをもらう」というスタイルで行うものとして話をします。
先ずは通帳を作りましょう。既存の通帳で郵便局めぐりをすることも可能ですが、やはり別に持つほうがいいでしょう。
民営化に伴い、郵便貯金法が廃止されましたので法律上は複数口座持つことは可能かもしれないのですが、断られる可能性が高いですのでご了承願います。

通帳を作成するには、貯金窓口営業時間内(基本的に祝休日を除く月曜日から金曜日まで)にゆうちょ銀行直営店または貯金業務を取り扱う郵便局(簡易郵便局、郵便局分室を含む。以下同じ)へ行かなければなりません。貯金のセールスパーソン(派遣員とも外務員ともいう)に依頼することも可能ですが、通帳交付までに日数を要します。尚、通帳作成は原則自宅若しくは通勤通学先最寄りの店舗に限られます。

お出かけの際は、印鑑と本人を確認できるものを持って行きましょう。これらのうち、一つでも欠けると通帳を作成してもらえません。尚、民営化後は口座開設に現金は要らなくなりました。

到着しましたら、備え付けの預入申込書に必要事項を記入し、捺印しましょう。大抵は記帳台の上に置いてありますが、もし備え付けていなければ、貯金窓口の担当者に申し出ましょう。
必要事項を記入し、捺印し終えましたら、貯金窓口に預入申込書とと本人を確認できるものを提出しましょう。尚、所によっては番号札を取って順番を待つ場合もあります。
提出の際、「郵便局名(銀行店名)入りのハンコを押してもらえますか」等と言う文言を添えましょう。さもなければ、「ただの通帳」となってしまいます。場所についてはお支払金額欄に押してもらうとよいでしょう。
右にに例を示します。

そして待つこと数分、目出度く通帳が出来上がってきます。
2回目以降は預入取扱票に金額と名前を書いて通帳とお金(1円以上1円単位)を一緒に貯金を取扱う窓口に出しましょう。で、今度は何も言わなくてもこの行為を繰り返すだけで自然とハンコが集まってきます。但し、忘れられることがありますので、その時には丁重にお願いしましょう。

B.為替

ここでは郵便局の窓口で定額小為替を買うというスタイルで行うものとして話をします。
為替業務を取扱う郵便局へ行き、定額小為替振出請求書を書いた上で為替を取扱う窓口に提出してください。尚、記帳台に常備していない場合がありますのでその時は窓口に申し出てください。
そして、右の画像のようなものが出されますので額面金額と手数料を払って引き取ります。ただし手数料は民営化後公社までの時代の10倍になっておりますのでご注意ください。

※右の画像には偽造防止のため「みほん」の文字を入れてあります。

C.記念押印

ここでは50円のハガキに消印類を押してもらうというスタイルで行うものとして話をします。
郵便業務を取扱う郵便局へ行き、ハガキを買うか持参するなどします。そして風景印(画像の右方にある絵の入った消印)を集めている方はまず風景印の有無を尋ねます。これは風景印が配備されている郵便局が限られているためです。

風景印がない場合は諦めるか他の消印類を押印してもらいます。

風景印を集めず、他の消印を押してもらう場合、種類にもよりますが基本線は全局配備ですので、それなりの消印を押してもらいます。

※私の場合は風景印がある場合は風景印を、それ以外は画像左方の和文印を押してもらいます。尚、押す場所ですが、局員さんにお任せすることにしています。これは緊迫した精神状態を少しでも和らげてあげるためです。

※もしかしたらサイズが異なるかもしれません。

3.訪局管理

私はCountic!や全国郵便局名録(鳴美刊)を利用して訪局管理を行っております。これを行うことにより条件に合わない重複訪問(つまりうっかり重複訪問)の防止や当該都道府県の訪問率の把握を行っております。

4.その他

私が「旅行貯金」とは言わない訳

旅行貯金とは、旅先で郵便局を見つけるたびにその郵便局で貯金するというものだと思っています。しかし私の場合必ずしも「旅のついで」と言うわけでもなければ訪問先の郵便局で貯金するとも限りません。
ですので、私は「旅行貯金」とは言いません。尚、ヤフーで「旅行貯金」のカデゴリー(登録サイト)がありますが、このページ(コーナー)はそれには該当しないので、登録を行っておりません。(というより、このサイトはコンテンツが複雑、内容が乏しいなどの理由により登録のしようがないのですが…)

私が「貯金旅行」とは言わない訳

貯金旅行とは、郵便局へ貯金をするために旅行をするというものだと思っています。しかし、貯金を取扱わない郵便局が存在します。当然そういう郵便局では貯金できません。
私は貯金を取扱おうが取扱なかろうが条件に適えば訪問対象としておりますので、「貯金旅行」とは言いません。

そこで「郵便局めぐり」

これなら文字通り「郵便局をめぐる」というので、私のスタイルに適していると思います。