無料 アクセス解析RMT

現在地:トップページ旅の記録室旅日誌>2009年10月6日

前日へ

五所川原市内の宿泊先で朝食を食べた後、宿泊先を後にしました。そしてつがる市へ移動し、本日最初の訪問先であるつがる市役所車力支所へは8時半ごろ着きました。

●つがる市役所車力支所(つがるし)
青森県道(以下、県道とします。)12号線より少し入ったところにあります。

つがる市は2005年2月11日に西津軽郡木造町、森田村、柏村、稲垣村、車力村が新設合併してできた市です。本庁舎は旧木造町役場ですが、今回は車力支所(旧車力村役場)を訪問しました。

庁舎の中に入ると、庁舎の半分のスペースががら空き状態になっていました。恐らく合併の結果支所には必要最低限のものを残してすべて撤去となり、その結果がら空きが生まれたと思います。しかし、特に冬の時期には燃料代がバカにならないなと思いました。

私が申請をしようとすると数人がかりで申請書を探し出し、そしてどこかへ電話をかけて操作の仕方を聞くなどしていましたので、あまり慣れていないなと思いました。

つがる市から北津軽郡中泊町にかけて訪問したいと思います。

●車力郵便局(しゃりき) ●富萢簡易郵便局(とみやち)
※貯金非取扱局
●牛潟簡易郵便局(うしがた)
●繁田簡易郵便局(しげた) ●武田郵便局(たけだ)

五所川原市に戻りました。

●五所川原市役所金木総合支所(ごしょがわらし)
津軽鉄道金木駅より400メートルほどで、県道2号線沿いにあります。

五所川原市は2005年3月28日に五所川原市と北津軽郡金木町、市浦村が新設合併してできた市です。本庁舎は旧五所川原市役所ですが、今回は金木総合支所(旧金木町役場)を訪問しました。尚、旧市浦村の区域は飛地となっています。

申請後に近くの金木郵便局を訪問するために市役所を離れ、そして戻ってきたのですが、3人がかりでしかもマニュアルを見ながら操作していたので時間がかかるかなと思いましたが案の定時間がかかりました。

ここの場合は電子公印規程により広域交付住民票は改ざん防止用紙を使用し、電子公印を打ち出すことになっていますので、どんなデザインの改ざん防止用紙が出てくるかだけを期待していました。
●金木郵便局(かなぎ) ●喜良市簡易郵便局(きらいち) ●嘉瀬郵便局(かせ)
●毘沙門簡易郵便局(びしゃもん) ●飯詰郵便局(いいづめ) ●五所川原北郵便局(ごしょがわらきた)
●郵便事業会社五所川原支店(ごしょがわら)※過去に訪問済みのため、ノーカウント
●五所川原郵便局(ごしょがわら)
前日に郵便事業会社五所川原支店を訪問しましたが、併設の五所川原郵便局の訪問がまだでしたので、訪問しました。

郵便局のゴム印:心躍る立倭武多の郷 五所川原郵便局

北津軽郡鶴田町に入りました。

●鶴田郵便局(つるた)
●鶴田町役場(つるたまち)
国道339号線沿いにあります。

中に入って申請書をもらうのですが、その申請書は印刷業者か製本業者かは分かりませんが、いずれにしても立派なものでした。そして端末を操作しだすのですが、どうも不慣れなようでどこかへ電話をかけていました。そのうちに「金が町に入るので」という理由で通常の住民票の申請用紙も書かされました。わけのわからない理由だなと思いました。

しばらく様子を見ていたのですが、印鑑証明をもらいに来た人の証明書には朱肉印が押されていました。過去に北海道の一部の町でどんでん返しはありましたが、基本的にこのケースで広域交付住民票に電子公印が打ち出されることはないので、それも朱肉印だなと思っていましたが、やはり朱肉印でした。

北津軽郡板柳町に入りました。

●板柳町役場(いたやなぎまち)
JR五能線板柳駅より500メートルほどで、国道339号線より少し入った県道125号線沿いにあります。

例によって広域交付住民票の申請をするのですが、応対した職員さんは事情が分からないような顔をされました。私が詳細を説明すると「ウチは住基ネットには接続していません」と言われました。実はカウンターのすぐ横に住基ネットの端末があり、私はそちらを指さして「あの機械は何ですか?」と聞きました。すると困ったような顔をされ、その後すぐに別の職員さんが飛んできて応対した職員さんに耳打ちをしました。その耳打ちした内容からして応対した職員さんは住基ネットのことをご存じないなと思いました。

そして端末を操作するのですが、驚いたことに応対した職員さんを椅子に座らせ、耳打ちをした職員さんの指導のもとに端末を操作させていました。確か住基ネットの端末って職員でも限られた人しか操作できなかったように記憶していますが…(但し個人的には戸籍住民関係の担当の職員は全員操作できるべきだと思っている)

ここは通常の住民票は200円、広域交付住民票は300円と手数料に食い違いがあります。また、双方の住民票とも白紙・朱肉印押印で交付します。
●板柳郵便局(いたやなぎ)

弘前市に入りました。

●弘前三世寺郵便局(ひろさきさんぜいじ) ●弘前浜ノ町郵便局(ひろさきはまのまち) ●弘前鷹匠町郵便局(ひろさきたかじょうまち)
●弘前市役所(ひろさきし)
県道3号線沿いにあります。

弘前市は2006年2月27日に弘前市、中津軽郡岩木町、相馬村が新設合併してできた市です。本庁舎は旧弘前市役所です。尚、弘前市では住基ネット関連は本庁舎のみでの取り扱いですので、迷わず本庁舎へ行きました。
●郵便事業会社弘前支店(ひろさき)
●弘前郵便局(ひろさき)
県道31号線沿いにあります。

まず郵便局の貯金窓口へ行って貯金を済ませました。尚、ゴム印を押してもらう際に赤色で押してもいいかと聞かれましたが、「構いません」と答えました。

郵便局のゴム印:(林檎)(林檎)弘前郵便局(林檎)(林檎)

つぎに郵便事業会社のゆうゆう窓口へ行って風景印を押してもらいました。尚、ここのゆうゆう窓口は24時間営業です。(記念押印を実際に24時間取り扱うかどうかは分かりません)

余談ですが、弘前市街は結構郵便局の密度が高いです。確か弘前駅付近にレンタサイクルを扱うところがあったと思いますので、これを活用するのも吉だと思います。

南津軽郡藤崎町に入りました。

●藤崎町役場(ふじさきまち)
国道339号線沿いにあります。

藤崎町は2005年3月28日に南津軽郡藤崎町と常盤村が新設合併してできた町です。本庁舎は旧藤崎町役場です。また、2007年9月1日には青森市の一部地域を編入しています。

別の人が戸籍関係の証明書をもらっていましたが、それは改ざん防止用紙使用、電子公印打ち出しでした。一方私が請求した広域交付住民票はと言いますと、改ざん防止用紙使用でしたが、朱肉印押印でした。しかも割印まで押されていました。
●中島簡易郵便局(なかじま) ●陸奥常盤郵便局(むつときわ)

青森市に入りました。青森市と言っても旧浪岡町の区域で、前日にも書きましたがもしかすると青森市と分かれる可能性のある区域です。

●浪岡郵便局(なみおか) ●大釈迦郵便局(だいしゃか)

国道7号線、4号線を通って青森市街地に入りました。

●郵便事業会社青森支店(あおもり)
●ゆうちょ銀行青森店(あおもり)
●青森中央郵便局(あおもりちゅうおう)※貯金非取扱局 ※過去に訪問済みのため、ノーカウント
国道4号線沿いにあります。

まずゆうちょ銀行へ行って貯金を済ませました。

ゆうちょ銀行のゴム印:ゆうちょ銀行青森店

次に郵便事業会社のゆうゆう窓口へ行きました。そこにはハガキに19.10.1の風景印を押したものが掲示されていました。そして「押印希望の方はお申しつけください」みたいなことが書いてありました。今まで何百もの郵便事業会社のゆうゆう窓口へ行きましたが、このように風景印が掲示されているのは初めて見ました。ずいぶん積極的だなと思いました。そして風景印を押してもらいました。尚当然ですが表記は「青森」です。

ガソリン給油後、レンタカーを返しました。そして車に乗せてもらって青森駅まで送ってもらいました。(降ろされた場所は青森支店管内)
レンタカーの需要についてお尋ねしたのですが、どうも軽自動車も人気はあるけど1000〜1300クラスの方がもっと人気があるらしいこと言っていました。その訳はパワーの問題と言っていました。

この後は東北本線に乗って野辺地駅まで行き、大湊線の乗りつぶしに取り掛かりました。

野辺地駅18時13分発の大湊駅行き普通列車に乗りました。実は往復して野辺地駅に戻ってくる場合、この時間の列車は最終列車となります。大湊駅行き自体はこの後あと2本あるのですが、折り返しの列車がありません。

1時間強で大湊駅に着き、これで大湊線が完乗となりました。そして19時38分発の大湊駅最終列車に乗って野辺地駅に戻りました。

その後八戸駅まで行って本日はこれで終わりです。

翌日に続きます。