無料 アクセス解析RMT

現在地:トップページ旅の記録室旅日誌>2009年10月5日

前日へ

さて、今回の目的は全て果たしたものの、青森県内の役所はまんじゅう、郵政関連はまんじゅう若しくは少ないといずれにしても芳しくない数字ですので、少しテコ入れをしたいと思います。ただこれらは本来の目的ではありませんので、訪問ノルマは特にかけません。

宿泊先で朝食を食べた後、宿泊先を出ました。そしてレンタカー屋へ行ってレンタカーを借りました。この後は郵便局の窓口が開く9時までにできることをやろうと思い、まず郵便事業会社青森西支店へ行きました。

●郵便事業会社青森西支店(あおもりにし)
●青森西郵便局(あおもりにし)※過去に訪問済みのため、ノーカウント
国道7号線沿いにあります。

郵便事業会社のゆうゆう窓口へ行って風景印を押してもらいました。尚、ここで青森県内の郵便事業会社直営店初訪問を果たしました。

これで郵便事業会社直営店未訪問の都道府県は大分県だけになりました。

次に青森市役所へ行きました。しかし、本庁へ行くと少し遠いですので、出先の柳川庁舎へ行きました。

●青森市役所柳川庁舎(あおもりし)
国道280号線より少し入ったところにあります。

青森市は2005年4月1日に青森市と南津軽郡浪岡町が新設合併してできた市です。本庁舎は旧青森市役所ですが、今回は柳川庁舎を訪問しました。この柳川庁舎ですが、出先の割に立派な建物ですが、旧自治体の庁舎ではなく、元官公庁の建物を青森市が買い取ったものです。

HPには広域交付住民票の取り扱いは9時からと書いてありましたが、それより前に受け付けてもらえました。そしてマニュアルを見ながら操作し、8時45分にはここを後にすることができました。

手数料は200円、青森県内では安い部類に入るのですが、実はここは合併後何年か前までは300円で、値下げになった結果この金額になりました。値上げするところは結構あるのですが、値下げするというのは珍しいことだと思います。

ここで青森県内の役所役場初訪問を果たしました。

さて、青森市と浪岡町の合併の件ですが、どうもあまりいいものではなかったらしく、もしかすると再分離する可能性があるようです。現実に2007年9月1日に旧浪岡町の区域の一部が南津軽郡藤崎町に編入されました。

これから津軽半島をしらみつぶしに訪問していきたいと思います。まずは青森市内にある郵便局を3局ほど訪問しますが、最初に郵便局では10月に入って最初の訪問ということで、通帳に利子の記帳がありました。

●油川郵便局(あぶらかわ) ●奥内郵便局(おくない) ●後潟郵便局(うしろがた)

東津軽郡蓬田村に入りました。

●蓬田村役場(よもぎたむら)
JR津軽線蓬田駅より1キロ弱のところで、国道280号線沿いにあります。

申請後、交付されるまでの間に近くにある陸奥蓬田郵便局を訪問し、そして戻ってきて広域交付住民票が交付されました。尚、手数料の支払いは出納窓口にて行いました。
●陸奥蓬田郵便局(むつよもぎた) ●広瀬簡易郵便局(ひろせ)

東津軽郡外ヶ浜町に入りました。

●蟹田郵便局(かにた)
●外ヶ浜町役場(そとがはままち)
国道280号線、青森県道(以下、県道とします。)12号線よりそれぞれ1キロほど入ったところにあります。

外ヶ浜町は2005年3月28日に東津軽郡蟹田町、平舘村、三厩村が新設合併してできた町です。本庁舎は旧蟹田町役場です。尚、旧三厩村の区域は飛地となっています。

先ほどの蓬田村役場同様、ここも手数料の支払いは出納窓口で行いました。

この後大平簡易郵便局へ行くのですが、その前にちょっと寄り道をして中小国駅と新中小国信号所へ行きたいと思います。まずは中小国駅へ。


中小国駅全景です。一見寂しい雰囲気の駅なのですが、実はこの駅はJR東日本とJR北海道との営業上の分岐点ということで非常に重要な駅となっています。特にこの先JR北海道利用の場合はこの駅から運賃が発生します。

駅名票です。中小国駅は津軽線の列車も海峡線の列車も通りますが、海峡線の列車は当駅には停車しませんので、ご覧のように津軽線の駅のみ掲載されています。

時刻表です。停まる列車は上下各1日5本と少なくなっています。尚、通過列車が非常に多いですので、特にホームで待つ際はご注意ください。

次は新中小国信号所へ行きたいと思います。中小国駅からは2キロほど行くとあります。


青森方面から来た場合、この踏切を過ぎると信号所があります。

これが新中小国信号所です。先ほどの中小国駅は営業上の分岐点でしたが、ここは実際の分岐点です。ポイントを渡ってまっすぐは津軽線、右にカーブは海峡線です。ちょっと見にくいですが、右側には会社境を示す標柱があります。

会社境を示す標柱を大きくするとご覧のようになります。

さて寄り道はこの辺にしておきたいと思います。

●大平簡易郵便局(おおだい) ●陸奥船岡郵便局(むつふなおか) ●陸奥平舘郵便局(むつたいらだて)

東津軽郡今別町に入りました。

●袰月郵便局(ほろづき) ●大川平簡易郵便局(おおかわだい) ●今別郵便局(いまべつ)
●今別町役場(いまべつまち)
国道280号線沿いにあります。

私が申請しようとするなり申請書を探し出すわマニュアル見て操作するわで時間がかかりました。尚、申請書を探す際に過去に申請した人の申請書の綴りが出てきました。過去に何軒か取り扱いがあったようです。

東津軽郡外ヶ浜町の飛地に入りました。先ほど書きましたように、旧三厩村の区域は外ヶ浜町の飛地になっています。

●三厩郵便局(みんまや) ●龍飛岬郵便局(たっぴみさき)
さて、龍飛岬郵便局の真正面には津軽海峡があります。天気が良いとご覧のように対岸にある北海道が見えます。影のようになっている島がそうです。

さて、昨日竜飛岬に行ったのですが、悪天候により十分な見物ができませんでした。特に階段国道はじっくり見たかったですので、少し時間を取って見物しました。


先ほどの龍飛岬郵便局から少し西の方に行くと階段国道案内図があります。

そしてその真裏にはご覧の階段国道を表す標識があります。

ご覧のように民家がある前の道を歩いていきますと…

文字通り階段が現れます。

そして362段の階段を上がると上にたどり着きます。
※写真は前日のの流用です。
この階段国道ですが、特に民家のある辺りでは騒がしくせず静粛に、また良識ある行動をしてください。噂では階段国道の観光客に対して地元の人は快く思っていないなんていうこともあるらしいですので。

この後国道339号線の龍泊ラインと呼ばれるところを通るのですが、途中の区間で冬季閉鎖の期間があります。その期間にこの近辺にお越しの方はご注意ください。

北津軽郡中泊町の飛地に入りました。この飛地というのは旧小泊村の区域で、合併の結果こうなりました。

●小泊郵便局(こどまり) ●下前簡易郵便局(したまえ)

五所川原市の飛地に入りました。この飛地というのは旧市浦村の区域で、合併の結果こうなりました。

●脇元簡易郵便局(わきもと) ●市浦郵便局(しうら) ●十三郵便局(じゅうさん)

さて、ここまで飛地の区域を3連発で訪問しました。ここでいう飛地とは行政区画の一部分が別の行政区画内に飛び離れて存在するもののことをいいます。見方としては役所役場本庁舎がある区域を行政区画本体とし、そこに接しず飛び離れて存在する行政区画の一部分を飛地と見ます。

中泊町に入りました。そして次に訪問した内潟郵便局で通帳が満杯になりましたので、新しい通帳に更新となりました。そして中里郵便局訪問後に16時となりました。

●内潟郵便局(うちがた) ●中里郵便局(なかさと)
●中泊町役場(なかどまりまち)
津軽鉄道津軽中里駅近隣にあります。

中泊町は2005年3月28日に北津軽郡中里町と小泊村が新設合併してできた町です。本庁舎は旧中里町役場です。尚、旧小泊村の区域は飛地となっています。

申請書がほしい旨伝えると、職員さんはパソコンからプリントアウトして渡してくれました。大概はすでに刷ってあるものを渡してくれるので、珍しいことだと思います。

この後、五所川原市内にある宿泊先へ行きますが、その前に郵便事業会社五所川原支店へ行きました。

●郵便事業会社五所川原支店(ごしょがわら)
●五所川原郵便局(ごしょがわら)※本日のところはノーカウント
JR五能線五所川原駅・津軽鉄道津軽五所川原駅より500メートルほどで、国道339号線より少し入ったところにあります。

社屋の訪問を1回で済ませるなら翌日併設の五所川原郵便局と併せて訪問するのがいいのですが、時間の効率化を考えて本日は郵便事業会社五所川原支店のみの訪問にとどめました。

郵便事業会社のゆうゆう窓口へ行って風景印を押してもらいました。

ちなみにこの時点で郵便事業会社直営店は訪問しているが、併設の郵便局を訪問していないケースは五所川原、新見、厚狭となっています。また、郵便事業会社直営店とそこに併設の郵便局は訪問しているが、併設のゆうちょ銀行直営店を訪問していないケースは秦野、松江、下関となっています。

そして宿泊先に行って荷物を置き、その後津軽鉄道の乗りつぶしに取り掛かりたいと思います。

JR五所川原駅へ行き、津軽鉄道のりばと書かれたところより入場しました。そして跨線橋を渡って3番のりばへ行って津軽鉄道の列車に乗り込みました。この列車の愛称は「走れメロス号」です。

17時45分に発車しました。客は主に下校する高校生でした。そして車内には鈴虫の入った虫かごが置いてあり、鈴虫の鳴き声を聞きながら乗ることができます。

38分ほどで終点の津軽中里駅に着きました。これで津軽鉄道を完乗しました。その後同じ列車で引き返して津軽五所川原駅に戻り、その後宿泊先に戻りました。

翌日に続きます。