無料 アクセス解析RMT

現在地:トップページ旅の記録室旅日誌>2009年10月4日

前日へ

本日は私の誕生日です。昨年に引き続いて今年も旅先で誕生日を迎えることになりました。今年は青森県の竜飛海底駅を見学するために旅しており、そこへ行くことは今回の訪問ノルマとなります。

宿泊先で朝食を食べた後、宿泊先を後にし、秋田駅へ行きました。

秋田駅構内には「ミニミニてつはく」という展示コーナーがあり、そこにはD51の模型やらヘッドマーク兼煙室戸が展示されていました。
9時8分発の青森駅行き特急かもしか1号に乗って青森駅まで行きたいと思います。この列車の車内販売ですが、どうもこの春に廃止になったようです。あらかじめ駅のホームで弁当、つまみ、ビールを買って乗りこみました。尚、弁当は昼飯用です。
これは東北新幹線と北海道新幹線が接続する新青森駅の工事の様子です。東北新幹線は来年、北海道新幹線は2015年の開業を目指して工事が行われています。
青森駅には定刻の11時47分に着きました。そして11時56分発の函館駅行き特急白鳥3号に乗りました。この後竜飛海底駅の見学があるのですが、私が予約したコースはこの電車に乗って竜飛海底駅に行くことになっていました。

竜飛海底駅で2号車のドアしか開きません。この駅で乗り降りする人はここから乗り降りすることになります。駅に着くまでに予めそこへ行ってください。

竜飛海底駅には定刻の12時45分に着きました。
竜飛海底駅を見学するには海底駅見学乗車区間に有効な乗車券類の他にご覧の「海底駅見学整理券」(2040円)が必要になります。これはどうやら海底駅見学乗車区間に有効な乗車券を同時に買うか提示した場合に限って発売するらしいのですが、私が利用した旅行会社では「どうせこれだけでは電車に乗れないからいいや」と言って単独で売ってもらえました。尚、該当区間に有効な乗車券については青森函館の往復割引きっぷを秋田駅で買って、それを利用しました。

余談ですが、今回私が選んだ2コースは3コースある中で最も見学時間が長いコースです。
これが竜飛海底駅の様子です。この駅は非常時に旅客の退避所及び保線基地、トンネルの維持に必要な機械の設置などを目的に作られたものです。そのせいか、ホームは非常に狭いです。
さて、線路を見るとレールの横に白い枕木っぽいものがあります。これはここにレールを通すことによって狭軌と標準軌の三線軌条となり、将来開通する北海道新幹線や従来の列車も通れるようになるというわけです。

尚、駅の様子は見学の最後に撮ったものですが、説明のために先回しにしました。

さて、電車を降りると緑色のジャンパーを着た係員さんが待っていました。この係員さんの指示に従って行動します。間違っても自分勝手な行動は取らないでください。

荷物置き場に荷物を置いた後、見学が始まります。尚、荷物置き場は見学中施錠されますので、盗難の心配はありません。

まずはこんな風景のところを延々と歩きます。これは連絡誘導路です。
途中にはチョークと思われるもので書かれたこんな道しるべがあります。竜飛海底駅の見学は3コースあるのですが、3コースの道しるべは見当たりませんでした。
ここ、海面下140メートルなんだそうです。相当深いところに私たちはいることになります。尚、ここでは記念撮影を行っている方が何人もいました。
これ、間違いなければ体験坑道だと思います。ちなみに地上から来る場合はここまでしか行くことができません。逆に駅から来る場合は地上へ上がれます。

このあたりで、JR北海道のツアー客を意味するバッチが配られます。これ、一般客との区別に重要なアイテムですので、必ず着けておかなければなりません。

はい、いよいよ体験坑道駅からケーブルカーに乗って地上に上がりたいと思います。このケーブルカーは「もぐら号」といいまして、私が乗った時はご覧のように鉄道の日の特別仕様になっています。
あまりにボケすぎていて恐縮なのですが、ケーブルカーはご覧のような雰囲気のところを通って行きます。尚、非常時に徒歩で地上に出るときは右側の階段を延々と歩くことになります。尚、ケーブルカー走行の際はチャイムが鳴りっぱなしとなります。

青函トンネル記念館駅に着き、風門が閉じられると駅構内に出られます。(先ほどの体験坑道駅も同様)

ここに風門があるのは、風圧防止と列車無人走行による事故防止のためで、これが開いているときは駅構内に出入りすることができません。

地上に出て、青函トンネル記念館に出ました。ここで暫し自由時間となり、ここにいてもよし、竜飛岬を散策するもよしということになります。

私はどうしたかと言いますと、係員さんの案内で竜飛岬を散策することにしました。ところが…
記念館の外へ出て、こんなような景色のところを歩きました。特に右の写真で津軽海峡が見えるというのは爽快だと言えます。
この慰霊碑は青函トンネル工事にあたって34人の犠牲者が出ましたが、その方々を慰霊するものです。みなさん手を合わせていらっしゃいました。
これは津軽海峡冬景色歌謡碑です。1996年7月に建立されたらしいです。

そこにある赤いボタンを押すと、石川さゆりが歌い手で曲がしばらくの間流れます。ここには観光客が結構集っていました。
歌謡碑から少し行くと、ご覧の階段国道に出ます。階段区間が国道に指定されているのは全国的にも珍しいと思います。
そしてすぐそばには"階段村道"があります。これは合併前の旧三厩村時代に指定されたと思われます。尚、今は合併してここは外ヶ浜町の飛地となっていますので、"階段町道"と改めるのが正解だと思います

さて、少し上で「ところが…」という文字を書きました。その「ところが…」がここで現実となりました。
突然雨がザーザー降ってきました。しかも風が強くて傘なんかとてもさせるような状態ではありませんでした。そして記念館に戻るころにはずぶ濡れになってしまいました。

暫しの自由時間も終わりとなり、再び係員さんの指示で動くことになりました。再びケーブルカーに乗って体験坑道駅に戻り、そして竜飛海底駅に戻って見学も終わりとなりました。

さて、これで青森に戻るのですが、実は見学コースに青森出発且つ青森到着のコースがなく、どのコースを取っても必ず北海道に渡らなければなりません。私のコースも例外ではなく、一度北海道に渡らないと青森に戻ることができません。

16時18分発の函館駅行き特急白鳥15号に乗って木古内駅まで行きました。これでまかりなりにも今年2度目の北海道訪問を果たすことができました。そして17時28分の八戸駅行き特急白鳥32号に乗って青森駅に戻りました。

そして青森駅近くの宿泊先に行って本日はこれで終わりです。余談ですが、本日の宿泊先は郵便事業会社青森西支店管内と青森支店管内の境界線付近にあります。(青森駅は青森西支店、宿泊先は青森支店)

翌日に続きます。