現在地:トップページ業務日誌>2005年4月26日

業務日誌(2005年4月26日)

近年の平成の大合併でいくつかの自治体が消え、またいくつかの自治体が新たに発足しています。殆どの場合同一都道府県内で行われます。
しかし、まれに都道府県を越えて合併すると言うことがあります。
2005年2月13日に長野県木曽郡山口村が岐阜県中津川市に編入合併するということがありました。
旧山口村内の郵便局は過去に訪問済みで、合併により再訪問することは通常ありません。しかし、今回の合併により以下のことが変更になりました。

・局番号の変更:山口郵便局(11234→24371)、馬籠郵便局(11097→24372)
・郵便番号の変更:山口地区(399−5101→508−0501)、神坂地区→馬籠地区(399−5102→508−0502)
・管轄支社の変更:信越支社→東海支社

1番目に取り上げたように局番号が変更になったと言うことで再訪問を要することになりました。
次に訪問の時機をうかがっていたのですが、雪がなくて且つ多客期を避けるということで検討した結果、この時期の訪問がいいだろうという結論に達し、そのようにしました。
今回は車で訪問します。
自宅を5時20分ごろでます。自宅最寄の豊川インターから東名高速を使い、途中豊田JCTより伊勢湾岸自動車道、さらに豊田東IC付近から東海環状自動車道、そして土岐JCTからは中央自動車道で瑞浪ICまで行きます。
中津川市馬籠まで行くのになぜ瑞浪ICで降りたかというと、利用時間帯が通勤割引時間帯にかかっており、尚且つ距離が100キロ以下であるからです。
瑞浪ICからは一般道を使って馬籠まで行きます。
自宅を出ておよそ2時間30分ほどで馬籠に到着。がしかし、郵便局が開くまでに時間がありますので暫く馬籠宿を散策します。

馬籠地区に立つ県道の標識です。
この標識の去就が注目されましたが、デザインは長野県版そのものですが、「長野」は「岐阜」に改められ、地名は「山口村神坂」から「中津川市馬籠」に改められました。
このように写真撮影をする人も居ます。 この建物の裏手にある駐車場に車を止めます。 近くにあるポストの取り集め時刻を書いた板を見たところ、住所、郵便番号とも昔のままでした。
もしかしたら昔のままの物件がないかと探したら、ありました。
長野県公安委員会を表すと思われるステッカーが未だに貼られていました。
馬籠宿の旅館・民宿・みやげ物店等と言った建物の案内です。 馬籠のいわれが書かれた立て札です。
いかに岐阜とのつながりが緊密であったかが分かります。
石畳道路を上がってすぐに地元放送局および新聞社の旗が括り付けられているのを目撃しました。これはもしや…と思って先に進んでみると…
そうなんです。当日は地元放送局の岐阜放送が生中継をしていたんですね。
ちなみに岐阜新聞は岐阜放送の関連会社です。
更に坂を上がり、馬籠宿の町並みを一枚。 馬籠郵便局にたどり着きますが、開店までに時間がありますので通過します。
尚、ここにある丸型ポストの取り集め時刻を書いた板を見ましたら先ほど同様、昔のままでした。
藤村記念館の入口です。
館内では撮影が出来ませんのでこの1枚でご勘弁ください。

郵便局の開店までに時間がありますので、近隣の藤村記念館を訪問します。藤村記念館の詳細はここをクリック。(手抜きご免)
ところが、電気がついていません。恐らく節電のためにつけていないのだろうと思い、私が見ている間だけ電気をつけました。そして出る時には電気を消しました。
出る時にきっぷ売り場の人が、色々尋問してきました。
Q:下まで見てきたか
A:見てきました。
Q:電気はついていたか
A:ついていませんでした。
そしたら売り場の人は、「これは申し訳ない。すぐにつけてきますのでもう一度ご入場ください」と言いました。
しかし私は、「自分で電気をつけて見学し、出る時に切ったのでいいですよ」と言って断りました。
藤村記念館を後にし、馬籠郵便局を訪問します。

馬籠郵便局(まごめ)【無特】 ここから岐阜県中津川市
馬籠宿の中にある郵便局です。
この局は2001年8月23日に訪問していますが、前述の通り局番号が変更になっていますので、本日再訪問の運びとなりました。(規定上、カウントされる)
ゴム印ですが、以前は
藤村の 長野・馬籠郵便局
ふる里
でしたが、岐阜県に変わっていますので当然使えません。
で、現在のゴム印ですが、4種類あります。
・是より北木曽路 馬籠郵便局(旅人と石碑のイラスト)…2段ぶち抜き
・島崎藤村のふるさと馬籠郵便局(藤村記念館の門)…2段ぶち抜き
・中仙道馬籠宿馬籠郵便局
・岐阜 中津川 馬籠郵便局

馬籠宿を後にし、次の訪問先へ行きます。

山口郵便局(やまぐち)【集特】
国道19号線から少し入り、中津川市役所山口総合事務所(旧山口村役場)近隣にある郵便局です。
この局は2001年3月23日に訪問していますが、これもまた前述の通り局番号が変更になっていますので、本日再訪問の運びとなりました。(これも規定上カウントされる)
ゴム印ですが、以前は
長野県最西端山口郵便局
でしたが、これも岐阜県に変わっていますので当然使えません。
で、現在のゴム印ですが通常のものに県名付加となっています。
・岐阜県山口郵便局

実はこの局から直線距離にして2キロほどのところに集配特定局の坂下郵便局があります。同一支社同一県になったと言うことで将来的には集配事務の統合があるのではないかと思います。(山口局に統合になるか坂下局に統合になるかは分かりませんが)

旧長野県木曽郡山口村内はこれで終わり、次は旧岐阜県恵那郡蛭川村に行きます。ここも山口村と同じ日に中津川市に編入合併されました。

蛭川郵便局(ひるかわ)【集特】
県道72号線から少し入ったところにある郵便局です。1キロほど行ったところには中津川市役所蛭川総合事務所があります。

ゴム印:蛭川郵便局

ここで通帳が満杯になったので交換します。局員さんがこれに気づいてくれましたのでよかったです。
また、交換終了時に「これはいい趣味ですので、これからも続けてください」とのお言葉をいただきました。ありがとうございます。
下蛭川簡易郵便局(しもひるかわ)【簡易】
県道72号線沿いにある簡易郵便局です。ここから南に3キロほど行くと、恵那峡があります。

ゴム印:岐阜県下蛭川簡易郵便局

ここで中津川市内の郵便局を完訪、そして同市とはお別れです。

途中で県道72号線と別れ、別の道を通ります。

毛呂窪簡易郵便局(けろくぼ)【簡易】 ここから岐阜県恵那市
毛呂窪小学校近隣にある簡易郵便局です。写真を見ても分かるように、簡易局経営の傍ら商店も経営しています。

ゴム印:毛呂窪簡易郵便局
笠置郵便局(かさぎ)【無特】
県道68号線沿いにある郵便局です。
以前は恵那市役所笠置振興事務所付近にありましたが、近年そこから西へ800メートル弱のところへ移転となりました。

ゴム印:笠置郵便局

一気に南下します。

恵那雀子ヶ根簡易郵便局(えなすずめこがね)【簡易】
国道19号線から少し入ったところにある簡易郵便局です。近隣に中央自動車道恵那峡SA(上り線)があります。

ゴム印:恵那雀子ヶ根簡易郵便局
恵那野井簡易郵便局(えなのい)【簡易】
県道66号線と東美濃ふれあい街道と名づけられた道の間に挟まれたところにある簡易郵便局です。集落内の道がぐちゃぐちゃしていて、かなり迷いました。

ゴム印:恵那野井簡易郵便局
三郷郵便局(みさと)【無特】
県道65号線、66号線、国道418号線が交差しているところ付近にある郵便局です。近くに道の駅「そばの郷らっせいみさと」があります。

ゴム印:三郷郵便局

ここで瑞浪市に入るために恵那市とは一旦お別れです。

県道66号線をひたすら南下します。この頃から少しではありますが雨が降ってきました。今後の天気が心配されます。

瑞浪稲津郵便局(みずなみいなつ)【無特】 ここから岐阜県瑞浪市
県道66号線、20号線から少し入ったところにある郵便局です。近くに瑞浪市役所稲津コミュニティーセンターがあります。
この局では端末機が何らかのトラブルで電源が切れてしまいました。すぐに復旧しましたが、一応「オフラインで処理してもらってもいいですよ」と申し添えしておきました。

ゴム印:瑞浪稲津郵便局

国道19号線まで出て、土岐市との境付近で県道352号線に入り、ひたすら北上します。

日吉郵便局(ひよし)【集特】
県道352号線から少し離れた所にある郵便局です。近くに瑞浪市役所日吉コミュニティーセンターがあります。

ゴム印:日吉郵便局

途中で県道65号線に入り、ひたすら東に進みます。

瑞浪細久手簡易郵便局(みずなみほそくて)【簡易】
県道65号線沿いにある郵便局です。
建物がやけに特定局ぽかったので局員さんに尋ねたところ、元々この地に特定局があったが、18年前に利用者数減により廃止、その局舎を流用して簡易局が設置されたとのこと。しかし、利用者減に歯止めはかからないのでこれも廃止になるかもしれないと言っていました。

ゴム印:瑞浪細久手簡易郵便局

ひたすら東へ進みますが、途中で県道394号線と分かれるところがあり、そちらへ行きます。

大湫簡易郵便局(おおくて)【簡易】 ※貯金非取扱局
県道394号線沿いにある簡易郵便局です。JAとうと釜戸支店大湫事務所内にあります。近くに瑞浪市役所大湫コミュニティセンター、大湫小学校などがあります。
農協受託で貯金非取扱局ですので、100円の定額小為替を購入して貯金の代用とします。

この局で瑞浪市内の郵便局を完訪、そして同市とはお別れです。

県道394号線をひたすら北→東へ進み、途中で国道418号線に入ります。
この頃に土砂降りとなり、また雹が降ってきました。

藤簡易郵便局(ふじ)【簡易】 ※貯金非取扱局 ここから岐阜県恵那市
国道418号線沿いにある郵便局です。JAひがしみの藤支店内にあります。
農協受託で貯金非取扱局ですので100円の定額小為替を購入しようとしたところ、ないと言われました。在庫を切らしているものと思い50円のをと言ったら、4月から金額の低いのは発売しなくなりましたと言われました。
私はすかさず「それは逆では」と言ったところ勘違いに気づいて謝罪されました。お陰で所望のものは無事に手に入れることが出来ました。やはりある程度の理論武装は必要だと思いました。
気を利かして濃い目に押した方がいいですよねということで濃い目に押してもらいました。

ところで、農協の端末は停電になったらどうなるのかと尋ねたところバックアップ機能があるので大丈夫とのことでした。郵便局とはえらい違いです。(悪名高き近代版端末機にバックアップの機能があるかどうかは不明です。識者の方、よろしければご教示願います)

途中から県道412号線、68号線を使ってひたすら北上します。
局に到着する頃には雨は止みました。

中野方郵便局(なかのほう)【集特】
県道68号線沿いにある郵便局です。近くに中野方小学校があります。

ゴム印:中野方郵便局

国道418号線との交差点まで戻り、今度は引き続いて県道412号線をひたすら北上します。

飯地郵便局(いいじ)【無特】
県道412号線沿いにある郵便局です。近くに恵那市役所飯地笠置振興事務所があります。

ゴム印:飯地郵便局 Iiji Post Office

この局で恵那市内の郵便局を完訪、そして同市とはお別れです。

県道412号線、402号線を使って北上、次いで県道353号線を通ってひたすら西に進みます。

潮南郵便局(しおなん)【集特】 ここから岐阜県加茂郡八百津町
県道353号線沿いにある郵便局です。この局は丸型ポストが健在です。

ゴム印:潮南郵便局

来た道を戻り県道402号線を北上→西に進みます。

福地簡易郵便局(ふくち)【簡易】
県道402号線沿いにある簡易郵便局です。八百津町役場福地支所内にあります。

ゴム印:福地簡易郵便局

ひたすら西に進み久田見郵便局を目指します。途中ゴルフ場付近で近道をします。

久田見郵便局(くたみ)【集特】
県道83号線から少し入ったところにある郵便局です。元々は向かいにありましたが、近年移転されました。

ゴム印:だんじりの里・久田見郵便局

県道83号線をひたすら南へ、途中近道をして国道418号線へ、途中から県道350号線に入ります。

和知郵便局(わち)【無特】
県道350号線沿いにある郵便局です。

ゴム印:和知郵便局

この局で八百津町内の郵便局を完訪、そして同町とはお別れです。

途中で県道365号線を経て県道381号線を通ります。

兼山郵便局(かねやま)【無特】 ここから岐阜県可児郡兼山町
県道381号線沿いにある郵便局です。町内唯一の郵便局です。
元々は集配局でしたが、22年前に集配廃止になりました。このため、町内に集配局は存在せず、隣町の可児郡御嵩町にある御嵩郵便局が町内の集配事務を取扱います。

ゴム印:蘭丸の里兼山郵便局

この局で兼山町内の郵便局を完訪、そして同町とはお別れです。

尚、兼山町は2005年5月1日に可児市への飛地編入合併に伴い、消滅します。

県道381号線を南下、国道21号線を渡って県道122号線を南下します。

伏見郵便局(ふしみ)【無特】 ここから岐阜県可児郡御嵩町
県道122号線沿いにある郵便局です。
元々は名鉄明智駅近隣にあり、名鉄スタンプラリーに参加のついでの訪問を試みましたが、そのころには現在の地へ移転してしまい、本日まで延ばし延ばしにしていました。

ゴム印:伏見郵便局

このあと国道248号線に出て多治見市内まで出て、中央自動車道多治見ICより中央自動車道、土岐JCTより東海環状自動車道、豊田東IC付近より伊勢湾岸自動車道、豊田JCTより東名高速に乗って豊川ICまで行き、そこから真っ直ぐ帰宅しました。

ご覧いただきありがとうございました。